新・今日も今日とて

死ぬこと以外はかすり傷

本棚は必要か

まだまだ暑いですね。

昨夜、ふと本棚っていらないかもしれないと思いました。本棚に入れると途端に読まなくなる気がします。

最近ブログにも書きましたが自分はいる・いらないものを分けるのが苦手なことに気づいたらぐっと片付けしやすくなりました。

それまではこれはいらないものと誰かが言うものを捨てようとしていました。でもそれはその人の判断なのであって、私の判断ではありません。私は要不要の判断を人に委ねていたのだと知りました。自分で決めていませんでした。失敗するのが怖かったのかもしれません。これからは自分で判断しようと決めたらなんだか気が楽になりました。

やっと片付けのスタートラインに立った気がします。それで今は床面積を広くしようと床にものを置かないようにしています。それから床に置くものを減らしています。小さい本棚と姿見を一旦部屋から出しました。

すると大きい本棚もいるのかなと疑問に思いました。最初に書きましたが本棚に入れるともう一度手に取ることが少ないように思います。

そこで今朝は早く起きたので、残すものと処分するものを分けていました。引っ越す時に持って行きたいかを基準にして分けました。手元に置いておかないでいいものはもう必要ないのだと思います。

私の理想はトランク1つに身の回りのものがすべて収まることです。それでどこへでも身軽に行けるようになりたいです。

持ち物を片付けてすっきりさせます。