新・今日も今日とて

死ぬこと以外はかすり傷

懐かしさは落とし穴

思い立って手紙を書いてみた。大学のゼミの先生宛に書いて、そのまま捨てた。

その先生とは卒業してから一度も会ってない。ただ、一度だけ連絡が来て電話で話した。1年ぐらい前のことだ。その時SMSが来たんだ。一言だけ、生きていますかと書いてあった。それに先生の名前が添えられていた。私は、残念ながら生きておりますと返信した。それから少しSMSでやり取りしてその夜に電話で話した。先生は私のことを覚えていた。電話を切って私は先生の番号を着信拒否にした。それから携帯会社を変えて電話番号を変えた。

それなのに、どうして手紙を書いたのだろう。自分から捨てておいてなんでまた拾おうとするのだろう。懐かしいという気持ちは厄介だ。いくら過去を懐かしんでも未来には進めないのにどうして懐かしいものに魅力を感じるのだろう。

手紙を書いても捨てるに決まっていたんだ。やっとここまで来たのにどうしてまた戻ろうとするのだろう。女の道は一本道、引き返すは恥でございます。いつかやってた大河ドラマ篤姫に出てきた言葉を思い出す。その通りだと思う。手紙は捨ててよかったんだ。この連絡したいという気持ちも時間がたてばきっと忘れる。今はその時を待つことにしよう。